リレンザとは、グラクソ・スミスクラインが販売している抗インフルエンザ薬で、正式名称はザナミビルといいます。こちらでは、リレンザの基本情報から、使い方、副作用について紹介しています。

抗インフルエンザ薬リレンザ

リレンザの特徴とプラズマ乳酸菌

インフルエンザに感染すると、高熱が出て体がだるくなり、お腹も壊すことがあるので、食欲も一切なくなってしまいます。
何も食べないと、回復が遅くなってしまうので、スポーツドリンクや野菜ジュースで水分を補給したり、整腸作用のあるヨーグルトも口に入れるようにしてください。
ヨーグルトを食べれば、お腹の調子が整い、辛い下痢の症状も緩和できるので、どうせ食べるなら、免疫力を高める効果のある、プラズマ乳酸菌の入ったヨーグルトを選ぶようにしましょう。
プラズマ乳酸菌に、ウイルス感染を防ぐ免疫細胞を活性化する効果があることは、2011年9月に行われた、日本ウイルス学会学術集会においても確認されているので、インフルエンザにかかりたくない方は摂取することをおすすめします。
免疫力が強化されると、風邪やインフルエンザなどの菌に感染しにくくなるので、抵抗力の弱い高齢者や幼児、妊婦などは積極的に食べるようにしてください。
プラズマ乳酸菌配合のヨーグルトは、お店やネット通販で探せば見つかるので、安く売られているところがあれば、まとめ買いしておくとよいでしょう。
それでもインフルエンザに感染した場合は、抗インフルエンザ薬のリレンザを使えば、それほど症状が悪化することなく、短期間で元の生活に戻れるようになります。
リレンザの特徴は、タミフルのような経口薬とは違って、粉末状の吸入薬ということですが、専用の吸入器を用いて気道に作用させれば、インフルエンザウイルスの増殖に必要な酵素の働きを阻害することが出来ます。
発症から48時間以内に使用すれば、熱もすぐに下がりますし、全身の痛みや下痢の症状も早く治まるので、インフルエンザが流行の兆しを見せたら、個人輸入代行通販でリレンザを注文するようにしましょう。