リレンザとは、グラクソ・スミスクラインが販売している抗インフルエンザ薬で、正式名称はザナミビルといいます。こちらでは、リレンザの基本情報から、使い方、副作用について紹介しています。

抗インフルエンザ薬リレンザ

リレンザとインフルエンザが流行する季節と関節痛

インフルエンザは空気が乾燥する季節である冬に爆発的に流行しやすいので、数日間寝込むことになり、学校や会社を休みたくないなら、普段から予防を行うことが大切です。
外出先で咳やくしゃみをする人から移される危険があるので、出かけるときはマスクをした方が安心ですし、外出から帰ると、すぐにうがいや手洗いを行い、体に付着した細菌を落とすようにしてください。
室内にいるときも加湿器を付けていた方が良いので、インフルエンザが流行する季節になれば、予防に気を使うようにしましょう。
インフルエンザにかかると、関節痛や筋肉痛に苦しめられることがありますが、これはプロスタグランジンという物質が分泌されるからです。
プロスタグランジンには血管を拡張して発熱させ、免疫細胞に活性化させたり、止血する役割があるので、関節痛や筋肉痛になるということは、体の中の細胞がインフルエンザウイルスと闘っているという証になります。
熱に弱いウィルスを倒すために発熱させ、痛みが起こるのは仕方がないことですが、冷却材などで患部を冷やせばかなり楽になるので、我慢できない痛みのときは試してみるようにしましょう。
インフルエンザが流行すると、それに伴い、治療薬もたくさん必要となるので、病院ではタミフルやリレンザを患者さんに出す量が増えます。
昔は吸入薬のリレンザは、経口薬のタミフルと比べると飲みにくいので人気がなかったのですが、最近は見直されるようになってきました。
リレンザは吸入薬で、局所的に作用するため、飲まなければ効果が出ないタミフルよりも副作用が起こりにくいので、処方されるケースが多くなっています。
個人輸入代行通販でも買えるので、インフルエンザの症状である、関節痛や高熱などを軽めに抑えたいときは利用するようにしましょう。