リレンザとは、グラクソ・スミスクラインが販売している抗インフルエンザ薬で、正式名称はザナミビルといいます。こちらでは、リレンザの基本情報から、使い方、副作用について紹介しています。

抗インフルエンザ薬リレンザ

リレンザの様々な副作用

インフルエンザにかかると、高熱が出て、体中が痛くなったり、お腹を壊してトイレから出られなくなるので、学校や会社に行けなくなってしまいます。
無理に出かけると、多くの人に感染させることになるので、インフルエンザになったら、治るまでは安静にしていることが大切です。
病院に行けば、リレンザなどのインフルエンザ治療薬を処方してくれるので、それを使えば、短期間で回復し、元の生活に戻れるようになります。
もし病院が遠いので行きたくないという方は、個人輸入代行通販に注文して、リレンザを手に入れるようにしましょう。

リレンザはインフルエンザには非常に効果のある薬ですが、人によっては様々な副作用が起こるので、使用の際は注意しなければなりません。
たとえば喘息のある人や、乳製品にアレルギーのある人が使うと、発作を誘発したり、アレルギー症状が起こり、ゼーゼー、ヒューヒューと息が苦しくなったり、蕁麻疹があらわれることもあります。
重い副作用では、冷汗が出て、顔面蒼白になったり、手足の冷えやしびれが起きたり、顔や喉が腫れたり、めまいや血圧低下、意識障害が起こる人もあるようです。
また全身にブツブツが出来てかゆくなったり、水ぶくれやうみが出来たり、唇や口内がただれたり、目の充血が起きる場合もあるので、リレンザを使って、これらの症状が起きたら、薬が体に合わないので使用しないようにしましょう。
症状が治まらない場合は、すぐにお医者さんの治療を受けた方がよいので、病院に行くようにしてください。
どの副作用もまれに起こるもので、ほとんどの方は何も起こらないので、インフルエンザの症状を抑え、早く回復したい方はリレンザを使用することをおすすめします。